日本の医療は、病気になってから治療を行う対症療法より、病気にならないようにするための予防医学に力を入れるようになってきました。
国民が健康的に老後を迎えるためには、重篤な病気にならないための予防がとても大切です。

平成20年からは、40歳以上の国民に対して生活習慣病を予防するための健康診断・保健指導が実施されています。
それがメタボリックシンドローム健診です。
メタボリックシンドロームという言葉も、その検診と一緒に一般に浸透しました。

生活習慣病とは、糖尿病、脳卒中、心臓病、脂質異常症、高血圧、肥満などを指します。
生活習慣病予備軍と判定された人は、看護師や管理栄養士などの資格を有する者からの生活指導を受けることになります。
保健指導を継続して受けることは面倒かもしれませんが、将来重篤な病気にならないためには、保健指導を通して現在の生活習慣を改善する必要があります。

健康な老後を迎えるために、積極的に健康診断・保健指導を受けるようにしましょう。